ブログ

掃除や片づけはこまめに行うのがポイントです。

普段、毎日の掃除をしていても、知らないうちに汚れはたまっていきますよね。
また、子供がいる家庭だと特に、食べものを触った手でそのまま家具を触ってしまったり、床に食べ物や飲み物をこぼしたりということが日常茶飯事です。
そこで、掃除に追われている方は多いのではないでしょうか。
また、子供がいると、遊んだおもちゃを出しっぱなしにしたりするので、なかなか片づけがはかどりません。
こういうときはついついそのままの状態にしておきがちです。
しかし、実際のところ、掃除や後片づけはその都度行う方が手際よく済ませることができるんですよ。
例えば、汚れに関しては、水分がある状態の方が拭き取りやすかったりします。
先述した、子供が食べものや飲み物をこぼした場合であっても、下手に乾燥すると汚れを落としにくくなります。
また、飲み物などの水分は床や敷いているカーペットに吸収されがちです。
そこで、飲み物をこぼしたら即座にふき取ることが大切です。
水分の吸収に優れているのは新聞紙です。
いつでも使用できるように手に届くところに新聞紙をストックしておくのも良いでしょう。
水分がこぼれてしまったところに、新聞紙を上から敷き押さえつけることで、こぼしてしまった水分をある程度取り除くことができますよ。
また、普段料理に使っているコンロについても同様です。
炒め物などをしていると、ついつい油汚れが目立ちがちになりますよね。
こういった油汚れは、冷めてしまうとなかなか落ちにくくなります。
温かいうちだと、比較的落としやすいです。
そこで、炒め物をしている間に油や食材が飛び散ってコンロが汚れてしまった時には、料理が終わってすぐにふき取ることをお勧めします。
油汚れが落ちにくければ、少し洗剤をつけて拭いても良いでしょう。
その後、水で湿らせたタオルで二度拭きします。
何かの作業をしているときに、掃除をするのは手間ともいえますが、後になってするとさらに汚れを取り除くのに時間や手間がかかります。
その都度、きれいに保っておくことで、気分もすっきりしますよ。

関連記事

ページ上部へ戻る